夢見るツバサ

Vo:初音ミク
作詞作曲:おーたむ

あれは夏の空を羽ばたく煌めき
今は遠く見える物語

夢を語りときめく心誰よりも熱く激しく
ほとばしる思いこの胸に
しまってちゃ意味がない
だから行くんだ

開いて夢見るツバサ
きっときっといつか飛べるはずだ
届かないあの空を
ずっとずっと求めてる

仰いだ先へと向かえ
もっともっと前に進まなきゃ
終われないこのストーリー
きっときっと叶えたい
そうだよ行けるさどこへでも

あの日夏の空を羽ばたいた煌めき
今も遠く見える物語

描いていた未来の私
こんなにも情けないかな
笑われながら惨めな道
下手っぴなさえずりで
今を嘆いた

焦ってばかりの私
ずっとずっと飛び立てないままで
無力さに苛まれて
失敗ばっか空回り

閉ざした心のツバサ
そうだどうせ自分は無理だって諦めて
悔しくていっぱい泣いた部屋の隅
どうしてそれでも行くのかな

開いて夢見るツバサ
そうじゃないね自分は無理だって
決めつけちゃ変えられない
もったいないよこの思い

ゆらいだ私の心
ぎゅっとぎゅっと
抱きしめてくれた
負けないよ頑張るから
失敗だって恐れない
そうだね飛べるよどこまでも

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。